総務畑のエクセルマクロ  | 準備 | 記述基礎 | 文字入力 | 条件文 | ループ文 | メッセージ | 小技 | エラー |

2: 新規のマクロを記述しよう

では、マクロを記述する決まりを少しずつ学習していきましょう

@まず、作成したいマクロに名前を付けます。“sub”と記述し、半角スペースを入れた後任意なマクロ名を記述します。

Aマクロ名が記述し終わったらEnterを押すと、i) マクロ名の隣に()が付き、下に“End Sub"という文字が現れ、ii) subのsが大文字になり、 iii) SubとEnd Subが変色します。下図ではピンク色に変わっていますが、デフォルトでは紺色になります(変更可能です)。
すなわち、このSubとEnd Subの間に一連のVBAを記述していくことになります。


3: 作成したマクロをボタンで呼び出せるようにしよう

@ここまで終わりましたら一旦エクセルに戻って、作成したマクロをボタンで呼び出せるように登録しましょう。
ボタンは、下図の通りフォームで作れます。
最後にマクロの登録ウィンドウが出るので、そこで先ほど設定したマクロ名を選択し、OKを押します。

Aあとはボタンを右クリックして“テキストの編集”で好きな名前に変えます。

さて、これでVBA呼び出せるボタンができました。次は文字の入力に進んで、セルに文字を入力する方法を学習していきましょう。