二次健康診断等給付について

1:二次健康診断等給付とは

 過労に伴い危険度が増す重大かつ主な疾病として、心臓疾患および脳血管疾患があります。

 これらの疾病に関しては発症する危険性の高い予備軍として、通常の健康診断における所定項目の結果に所見があると診断された場合、 より精密に脳や心臓の状態を検査する『二次健康診断』と、発症を予防するための『特定保健指導』が 労災保険より全額無料で受けられます。

 蛇足ですが、二次健康診断給付は、二次健康診断に加えて『特定保健指導』も含まれることから、“等”の字を含んでいます。


2:健康診断結果をチェック!

 以下の4項目全てに『所見あり』と診断された場合、二次健康診断等給付が受けられます。

 1)BMI(肥満度)
 2)血糖
 3)血中脂質 ↓具体的にはいずれか1つ以上で所見がある場合
  ・ 血清総コレステロール
  ・ 高比重リポ蛋白コレステロール(HDLコレステロール)
  ・ 血清トリグリセライド(中性脂肪)
 4)血圧

 つまり、これら4つが全て所見がある場合、心臓疾患や脳血管疾患の予備軍です。二次健康診断等を受けられることをお勧めします。

 ただし、『要治療』の所見の場合は、既に脳血管や心臓疾患になっていますので、 二次健康診断は行なえず、別途保険給付(健康保険等)にて対応することになります。


3:二次健康診断等給付の申請方法

 まず、最寄の労働基準監督署で、以下の『二次健康診断等給付申請書』を入手してください。


 ↑二次健康診断等給付申請書

 そして、一次健康診断を受けた日から3ヶ月以内に、 必要事項を記入し、事業主の証明を行い、一次健康診断結果を証明することのできる書類(診断書のコピー等)を添えて、 健康給付病院等に提出します。

 なお、健康給付病院等とは、二次健康診断が受けられる病院や診療所のことで、都道府県労働局長から定められています。 保険医療機関に比べると、数としては少ないです。


4:二次健康診断の結果

 労災保険法上では職場の環境改善や医師への意見聴取等の為に事業者に報告することが望ましいとされていますが、 いろいろ事情もあると思いますので、特に義務ではありません。


5:健康診断以外で所見があった場合

 二次健康診断等給付が受けられる条件として、その根拠となる一次健康診断が“労働安全衛生法上の一次健康診断”となります。 つまり、個人的に健康診断をした場合の結果では給付が受けられません。


補足:二次健康診断等給付の範囲

1 二次健康診断項目
 1  空腹時血中脂質検査
  ・血清総コレステロール
  ・高比重リポ淡白コレステロール(HDLコレステロール)
  ・血清トリクリセライド(中性脂肪)
 2  空腹時血糖値検査
 3  ヘモグロビンA1c検査
  ※一次健康診断で行われた場合は除く
 4  負荷心電図検査又は心エコー検査
 5  頸部エコー検査
 6  微量アルブミン尿検査
  ※一次健康診断における尿蛋白検査において、擬陽性(±)又は弱陽性(+)の所見があった場合

2 特定保健指導項目
 1  生活指導・・・飲酒、喫煙、睡眠等の生活慣習に関する指導
 2  栄養指導・・・適切なカロリーの摂取等食生活上の指針を示す指導
 3  運動指導・・・必要な運動の指針を示す指導