業務中の災害補償「おりる?」or「おりない?」

1:業務災害とは

 業務災害とは、業務が原因となって起きた負傷疾病障害死亡をいいます。 そして、業務災害が起こった場合は、労災保険から必要な保険給付が得られます。


2:給付額はどのぐらいになりますか?

 治療費用は全額支給され、療養中に労働できなくなった場合、 欠勤4日目以降の賃金の6割が支給されます(さらに、現在は2割の特別支給金が支給されます)。 さらに程度がひどい場合は年金給付や一時金等が支給されます。

 治療費のみで比べてみても、健康保険が3割自己負担しなければならないのに対し、とても手厚い保護といえます。たとえば治療費の総額が100万円だった場合、 健康保険の場合は自己負担額が30万円に対し、労災保険の場合は0円となります。はっきり言ってこの差は大きいです。

 ここで誤解を避けるため補足を加えると、欠勤3日目までの6割賃金補償は労災保険では支給されませんが、企業が支給することになります。 よって、欠勤3日目までは無給ということはありません。
なお、通勤災害(⇒参照)に関しては、欠勤3日目までは企業が支給する根拠がなく、無給となります。


3:支給の前に、認定があります

 当たり前かもしれませんが、業務災害であると認められないと労災保険からは給付されません。 業務中でない、つまりプライベートであると判断された場合は自己負担の多い健康保険を使うしかありません。


4:業務災害の判断

 業務災害の判断として、『業務遂行性』があり、かつ『業務起因性』が認められる場合です。

 業務遂行性・・・労働者が労働契約に基づき、事業主の支配下にあるかどうか
 業務起因性・・・業務に相当因果関係があるかどうか


5:『業務遂行性』が認められる場合と、認められない場合

 『業務遂行性』は、業務の都合上で事業場内にいる全ての場合に認められるほか、営業の外回りや出張等の外部で労働しているときにも認められます。 ことに出張中に関しては出張先の労働時間の他、移動や休憩、宿泊中を含む全ての行程に対して業務遂行性が認められます。

 反面、『業務遂行性』がないのは、外回りや出張以外で事業場外にいる場合と、休日中にプライベートで事業場内にいる場合です。


6:『業務起因性』が認められる場合と、認められない場合

 業務従事中に起きた負傷死亡の災害は概して業務起因性が認められ、休憩中や始業前・終業後の事業場内での行動の際の災害は認められません。 しかし、例外がたくさんあります。

<業務中の災害でも起因性が認められない例外>
天災事変による災害 ※ただし、業務内容や作業条件によっては起因性が認められる場合もあり
外部の力(飛行機が飛び込んできたり、強盗に切り付けられたり)による災害
私的逸脱行為中の災害 ※出張中も私的逸脱行為中は業務起因性が認められません

<休憩中や始業前・終業後の事業場内での行動の際の災害でも起因性が認められる例外>
・水飲み場やトイレにて生理的必要行為による災害
・歩行時・移動時による災害
・事業場施設の不備・欠陥による災害

 負傷や死亡に対し、業務従事中に起きた疾病はその因果関係があるかないのかを分かりやすくするため、あらかじめ業務上の疾病を分類列挙しています。
たくさんあるので、ほんの一部だけ紹介します。大体↓こんな感じです。耐圧・低音・高温実験等は注意です。

<業務起因性が認められる疾病(労基則別表1の2より抜粋)>
・赤外線にさらされる業務による網膜火傷、白内障等の眼疾患又は皮膚疾患
・気圧の低い場所における業務による高山病又は航空減圧症
・暑熱な場所における業務による熱中症
・高熱物体を取り扱う業務による熱傷
・寒冷な場所における業務又は低温物体を取り扱う業務による凍傷
・著しい騒音を発する場所における業務による難聴等の耳の疾患


7:ケーススタディー

 では、具体的にどのようなケースで業務災害が認められ、どのようなケースで業務災害が認められないのか ケーススタディー方式で検証してみましょう。ただし、あくまで大雑把な例ですので、細かな条件・状況により、判断は変わります。

@業務中トイレに行き、滑って便器に頭を強打した。
・・・これは業務災害です。生理的必要行為による災害は業務災害となります。

A休憩中トイレに行き、滑って便器に頭を強打した。
・・・これは業務災害です。生理的必要行為による災害は休憩時間でも業務災害となります。

B業務中に歩きながら私的な携帯メールを打っているときに、不注意で転倒した。
・・・これは業務災害ではありません。私的逸脱行為中の災害は労災認定されません。

C業務中に落雷に打たれた
・・・これは業務災害ではありません。天災事変による災害は通常、労災認定されません。

D休憩中に蛍光灯が落下し頭を打った
・・・これは業務災害です。事業場施設の不備・欠陥による災害は休憩時間でも業務災害となります。

E出張中にディスコに入り、踊っていて転んだ
・・・これは業務災害ではありません。出張中でも私的逸脱行為中の災害は労災認定されません。

F出張中に暴漢に襲われてケガをした
・・・これは外部の力による災害ですので、基本的に業務災害ではありません
  ただし、概して治安が悪い国や地域への出張の場合、労災認定されることがあります。

G出張で、寒冷地実験をするため豪雪地帯の車両実験場に行く際雪崩に巻き込まれた
・・・これは業務災害です。天災事変でも業務の性質上、業務災害となります。
  豪雪地帯での野外作業、台風接近時の土のう積載作業等は天災事変の影響が予測できるからです。

H熊出没注意の看板がある場所での野外実験中、本当に熊に襲われた
・・・これは業務災害です。外部の力でも業務の性質上、業務災害となります。
  熊、スズメバチ、毒ヘビ等の出没地帯での野外作業は、あらかじめ襲われることが予測できるからです。

I100時間を超えて法定残業をした月に、原因不明で死亡した
・・・これは業務災害です。100時間を超えて残業をした時の疾病による死亡は原因不明でも過労死認定です。


8:最後に

労災保険の制度は、事業者の過失が証明できなくても利用できますので、 「お前の不注意だ!」と言われた場合も業務遂行性と業務起因性さえあれば労災適用されます。 ケーススタディーで色々な想定をしましたが、実際にケガ等が起こって判断に迷うときはとりあえず申請してみても良いでしょう。