老齢厚生年金の支給額

1:厚生老齢年金は、働いた分もらえます

 厚生老齢年金は、基本的に65歳になったら民間の会社員であった者がもらえる公的年金です。

 厚生老齢年金は『報酬比例制度』といって、働いた分もらえる制度です。 すなわち、厚生老齢年金が支給されるまでの報酬合計を一月当たりに平均した額で年金額が変わります。

 ここで、平成15年3月以前の一月当たりの平均報酬額のことを『平均標準報酬月額』といい、
平成15年4月以降の一月当たりの平均報酬額のことを『平均標準報酬額』といいます。

 平成15年4月以降、厚生年金が賞与(ボーナス)からも徴収されるようになった為、計算が平成15年3月以前と4月以降に分化されています。


2:平均標準報酬月額および平均標準報酬額の計算方法

 平均標準報酬月額:平成15年3月までの標準報酬月額の一月当たりの平均
 平均標準報酬額:平成15年4月までの標準報酬月額と標準賞与額を合わせた一月当たりの平均

 標準報酬月額とは・・・健康保険の標準報酬月額と考え方は同じです(※等級に若干差はあります)。
 標準賞与額とは・・・ボーナスで支給された金額です。


3:厚生老齢年金の計算方法

 厚生老齢年金の計算方法は、以下のようになります。

 (平均標準報酬月額×7.125/1000×平成15年3月以前の被保険者期間の月数)×スライド率
    +(平均標準報酬額×5.481/1000×平成15年4月以降の被保険者期間の月数)×スライド率

例)平成14年4月に初めて会社に入り、平成54年3月末まで勤務して退社した人
※平均標準報酬月額=20万円、平均標準報酬額=35万円とする
※スライド率に関しては、この計算では無視(5項を参照してください)
(200,000×7.125/1000×12)+(350,000×5.481/1000×468)=914,900円(端数処理後)

 なお、これに国民年金の792,100円を足して、1,707,000円が国民年金と厚生年金を合わせた年額となります。月に14万円位ですね。 ただし、今の水準がこのまま維持されたら・・・の話です。

 以下第4項は賃金水準が変わった場合、第5項は少子高齢化が進んだ場合を解説します。


4:再評価率

 では、今後20年間で、1万円の価値が現在の千円くらいになってしまったらどうでしょう。 お米2kgで1万円(今は大体千円位です)、という未来を想像してください。

 せっかく払ってきたお金の価値が、10分の1になってしまいます。たとえ年額170万円が年金で入っても、 価値的にその10分の1の年額17万円しかもらえないようでは、生活できるはずがありません。

 しかし、厚生年金には、平均標準報酬月額や平均標準報酬額の算出に当たり、 賃金水準の変動に応じて『再評価率』を掛けることで、 いつの時代にでも同じ水準の給付が受けられるようになっています。

 これで、お米2kgで1万円の時代になれば、年金は年額1700万円となり、安心です。


5:マクロ経済スライド

 ここからが問題ですが、2004年改定で、平均寿命の伸び率や被保険者数の伸び率に合わせて年金額が変わる 『マクロ経済スライド』が導入されました。 この仕組みによると、少子高齢化が進むと、年金の支給額が下がるということです。

 つまり、このまま少子高齢化が進むと、どんどん給付水準が下がっていきます。 現在30歳前後の会社員が年金を受け取る年になる頃には、 今の給付水準の半分くらいになると予想する専門家もいますし、受給年齢もさらに引き上げられている可能性も高いです。

 近年、少子化対策として、健康保険の出産一時金の引き上げや児童手当の増額改定がありましたが、 厚生労働省や社会保険庁の不祥事諸々により、厚生年金も今後どうなるのか不安を抱いている人も多いと思います。