パートタイマー均衡待遇推進助成金について

1:パートタイマー均衡待遇推進助成金とは

 パートタイマー均衡待遇推進助成金(パートタイム助成金)とは、正社員と共通の評価・資格制度や短時間正社員制度の導入、 パートタイマーの能力開発などといった均衡待遇に向けた取組を行う事業主の皆様を支援する助成金です。


2:支給の申請ができる事業主

@労働保険(労災保険、雇用保険)の適用事業主であることとなっており、規模は問われません。 ただし、“正社員がいること”というのが絶対条件になっています。


3:支給対象メニュー

 支給は、1事業主当たり1度限りで2回に分けて支給されます。以下にメニューを掲載しますが、 1と2に関しては、どちらか一方の助成となり、両方とも支給されることはありません。 なお、1、2、および5は対象パートタイマーの半数以上が、雇用保険の被保険者であることが必要となります。

 支給対象メニュー第1回目第2回目
正社員と共通の処遇制度の導入25万円25万円
パートタイマーの能力・職務に応じた処遇制度の導入15万円15万円
正社員への転換制度の導入15万円15万円
短時間正社員制度の導入15万円15万円
教育訓練制度の導入15万円15万円
健康診断制度の導入15万円15万円


4:受給までのスケジュール

1) 新たに制度を導入(平成19年7月1日以降)
     ↓
2) 制度導入後2年以内に対象者が出たら
     ↓
3) 対象者が出てから3ヵ月以内に第1回目の支給申請
     ↓
4) 対象者が出て6ヵ月を経過した日から3ヵ月以内に第2回目の支給申請


5:制度の詳細に関して

 この助成金に関しては、(財)21世紀職業財団ホームページ に詳細が掲載されています。
 または、お近くの社会保険労務士にご相談下さい。